コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調/piano solo Sonata for Piano No. 4

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調/piano solo

モスクワ音楽院のピアノ教授を辞した直後の、極めて多作な1903年に書かれた。スクリャービン独自のスタイルが確立されてゆく、中期の開始を告げるソナタであり、切れ目なく演奏される2つの楽章からなる。
第 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android