コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第7番「白ミサ」/piano solo Sonata for Piano No.7 'Messe blanche'

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第7番「白ミサ」/piano solo

スクリャービンが特別に愛し、好んで演奏会で取り上げた作品。彼はこれを「白ミサ」と呼び、そこに《ミステリア(神秘劇)》や《プロメテウス》に通ずる魔術的な力、つまり聴き手をより高次の存在状態へと引き上げ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第7番「白ミサ」/piano soloの関連キーワードスクリャービン

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android