コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スケッチ・ブック The Sketch Book

世界大百科事典 第2版の解説

スケッチ・ブック【The Sketch Book】

アメリカの作家W.アービングが紳士ジェフリー・クレーヨンGeoffrey Crayonの筆名で発表した代表作。1819‐20年分冊出版。山中で出会ったふしぎな男たちの酒を飲んで眠りこみ,目覚めて家に帰ってみれば20年経っていたという浦島太郎風の《リップ・バン・ウィンクル》や《スリーピー・ホローの伝説》などアメリカを舞台にした物語,インディアンに同情を惜しみなく注ぐ《フィリップ王》,ヨーロッパの綺談《幽霊花婿》,イギリスの印象記《ウェストミンスター・アベー》など,短編,スケッチ34編を収録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスケッチ・ブックの言及

【リップ・バン・ウィンクル】より

…アメリカの作家W.アービングの《スケッチ・ブック》(1819‐20)に収められた同名の短編の主人公。狩りに出かけたリップはキャッツキル山中で不思議な男たち(イギリス人探検家H.ハドソンとその仲間の幽霊であることがのちにわかる)に出会い,彼らの酒を飲み眠りこむ。…

※「スケッチ・ブック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スケッチ・ブックの関連キーワードアービング(Washington Irving)ブラッドフォード トーリーウェストミンスター・アベーE.Y. ハーバーグスケッチ・ブックキャッツキル山地アール キャロルコールデコットアメリカ文学アービングエッセイナッソー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android