コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スケルツォ・タランテラ

1件 の用語解説(スケルツォ・タランテラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

スケルツォ・タランテラ

ポーランドの作曲家ヘンリク・ヴィエニャフスキーのヴァイオリンピアノのための作品(1856)。原題《Scherzo-tarantelle》。イタリアナポリの舞曲タランテラリズムを採り入れている。華やかで非常に技巧的な作品として知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スケルツォ・タランテラの関連キーワードグレツキマンシーニモスクワの思い出ヴィエナヴィエニャフスキ:ポロネーズ 第2番 変イ長調/piano soloヴィエニャフスキザジツキシュミット, フロラン(フローラン)スタトコフスキバツェヴィチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone