コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スケール [scale] スケール

1件 の用語解説(スケール [scale]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

スケール [scale]

(1)音階のこと。ピアノの白鍵をドから1オクターブ上のドまで順に弾くと、ハ長の長音階(ドレミファソラシド)、Cメジャースケールとなる。同じように、ラから1オクターブ白鍵を弾くと、イ短調、Aマイナースケールとなる。長音階や短音階の他にもアラビア風の音階とか沖縄風の音階とか様々なものがある。使用されているスケールによって、曲のフレーズカラー決まってくる。(2)弦楽器の弦長を指す。ギターベースなどフレットが付いている楽器の場合、ナットから12フレットまでの長さの2倍で表す。フレットの付いていない楽器の場合は、ナットからブリッジまでの長さを基準とする。スケールには、ショート・スケール、ミディアム・スケール、ロング・スケールなどがある。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スケール [scale]の関連キーワード幹音長音階白鍵ファヨナ抜き音階

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone