スケール [scale](読み)スケール

音楽用語ダスの解説

スケール [scale]

(1)音階のこと。ピアノの白鍵をドから1オクターブ上のドまで順に弾くと、ハ長の長音階(ドレミファソラシド)、Cメジャースケールとなる。同じように、ラから1オクターブ白鍵を弾くと、イ短調、Aマイナースケールとなる。長音階や短音階の他にもアラビア風の音階とか沖縄風の音階とか様々なものがある。使用されているスケールによって、曲のフレーズやカラーが決まってくる。(2)弦楽器の弦長を指す。ギターやベースなどフレットが付いている楽器の場合、ナットから12フレットまでの長さの2倍で表す。フレットの付いていない楽器の場合は、ナットからブリッジまでの長さを基準とする。スケールには、ショート・スケール、ミディアム・スケール、ロング・スケールなどがある。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android