スコットランド・ヤード(英語表記)Scotland Yard

翻訳|Scotland Yard

世界大百科事典 第2版の解説

スコットランド・ヤード【Scotland Yard】

本来はイギリスロンドン市内の一地名であったが,現在はロンドン警視庁別名として知られている。ロンドンの中央部,テムズ川北岸べり,現在国鉄チャリング・クロス駅の西側に,この名で呼ばれる地があった。かつてイングランドスコットランドが別の国であったころ,スコットランド国王や大使が,イングランド王室を訪ねたおりに泊まる屋敷があったために,スコットランドのヤード(囲い庭)という名がついた。1603年以後,イングランドとスコットランドは1人の王の統治下(同君連合)となり,さらに1707年両国は合同したため,この屋敷は不要となり,政府所管となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スコットランド・ヤードの関連情報