コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコベレフ スコベレフSkobelev, Mikhail Dmitrievich

2件 の用語解説(スコベレフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコベレフ
スコベレフ
Skobelev, Mikhail Dmitrievich

[生]1843.9.29. ペテルブルグ
[没]1882.7.7. モスクワ
ロシアの軍人。 1873年 K.P.カウフマン将軍のヒバ遠征に参加,ヒバ・ハン国をロシアに併合。 73~76年にはコカンド・ハン国の反乱を鎮圧し,フェルガナ地方最初の総督としてツァーリ政府の中央アジア植民化政策を推し進めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコベレフ
すこべれふ
Михаил Дмитриевич Скобелев Mihail Dmitrievich Skobelev
(1843―1882)

ロシアの将軍。ペテルブルグの軍人の家に生まれる。1868年陸軍大学を卒業。73年のヒバ・ハン国遠征、73~76年のコーカンド・ハン国の蜂起(ほうき)鎮圧に参加。76年2月よりフェルガナ州総督。ロシア・トルコ戦争(1877~78)に際してはプレブナPlevnaの戦いで勇名を馳(は)せた。82年1月、パリで、バルカンの諸民族を擁護し、オーストリア・ハンガリー帝国を攻撃する演説をしたことから国際的紛糾を惹起(じゃっき)し、アレクサンドル3世によりロシアに召還され、その後まもなくモスクワで急逝した。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スコベレフの関連キーワード小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革探偵小説ホメオパシー成田国際空港会社伊東祐亨井上勝ウィルソン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone