コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコベレフ スコベレフ Skobelev, Mikhail Dmitrievich

2件 の用語解説(スコベレフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコベレフ
スコベレフ
Skobelev, Mikhail Dmitrievich

[生]1843.9.29. ペテルブルグ
[没]1882.7.7. モスクワ
ロシアの軍人。 1873年 K.P.カウフマン将軍のヒバ遠征に参加,ヒバ・ハン国をロシアに併合。 73~76年にはコカンド・ハン国の反乱を鎮圧し,フェルガナ地方最初の総督としてツァーリ政府の中央アジア植民化政策を推し進めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコベレフ
すこべれふ
Михаил Дмитриевич Скобелев Mihail Dmitrievich Skobelev
(1843―1882)

ロシアの将軍。ペテルブルグの軍人の家に生まれる。1868年陸軍大学を卒業。73年のヒバ・ハン国遠征、73~76年のコーカンド・ハン国の蜂起(ほうき)鎮圧に参加。76年2月よりフェルガナ州総督。ロシア・トルコ戦争(1877~78)に際してはプレブナPlevnaの戦いで勇名を馳(は)せた。82年1月、パリで、バルカンの諸民族を擁護し、オーストリア・ハンガリー帝国を攻撃する演説をしたことから国際的紛糾を惹起(じゃっき)し、アレクサンドル3世によりロシアに召還され、その後まもなくモスクワで急逝した。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スコベレフの関連キーワードペテルブルグペトログラードПетербургサンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクサンクトペテルブルグテレビタワーペテルブルグから来た男ペテルブルグ・ソビエトペテルブルグ大学《ペテルブルグ夜話》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone