コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコレル Scorel, Jan van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコレル
Scorel, Jan van

[生]1495.8.1. スホレル
[没]1562.12.6. ユトレヒト
16世紀オランダ絵画を代表する画家。 1512年頃よりアムステルダムのファン・オースツァーネンに師事。 17~18年ユトレヒトマビューズを,20年デューラーを訪問する。 20年よりベネチアに滞在し,22~24年は教皇ハドリアヌス6世にローマへ招かれ,収集品の管理にあたった。帰国後はユトレヒト,ハールレムなど各地で制作,40年にはフランスのフォンテンブロー宮へもおもむいている。ラファエロ,ミケランジェロの影響によるモニュメンタリズムとオランダの写実主義の折衷様式を示す多数の作品は聖像破壊運動の際に失われたが,作品として『エルサレム巡礼』 (ユトレヒト美術館ほか) ,『神殿への奉献』 (1530~32頃,ウィーン美術史美術館) ,『男の肖像』 (27~29頃,アムステルダム国立美術館) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコレル
すこれる
Jan van Scorel
(1495―1562)

ネーデルラントの画家。8月1日アルクマール近郊スコレルに生まれる。1519年ユトレヒトでマビュースに師事したのちニュルンベルク、ケルンテン、ベネチア、ローマに旅してデューラー、ラファエッロ、ミケランジェロの作品に学び、ジョルジョーネやパルマ・ベッキョの影響を受けた。初期の祭壇画(ケルンテンのオーバーフェルラハ教会)にはまだゴシック様式が濃厚であるが、のち光と空間の処理にルネサンス風の特色がみられる。『聖家族』など宗教画の大作のほか、ローマ法王ハドリアヌス6世の等身大の肖像にみるような、巧みに個性を表現した肖像画を描いた。50年には「ガンの祭壇画」の修復にあたった。62年12月5日ユトレヒトで没。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スコレルの関連キーワードモル(Anthonis Mor)ファン・ヘームスケルクヘームスケルクロマニストブレインモル

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android