コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコレル スコレル Scorel, Jan van

2件 の用語解説(スコレルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコレル
スコレル
Scorel, Jan van

[生]1495.8.1. スホレル
[没]1562.12.6. ユトレヒト
16世紀オランダ絵画を代表する画家。 1512年頃よりアムステルダムのファン・オースツァーネンに師事。 17~18年ユトレヒトにマビューズを,20年デューラーを訪問する。 20年よりベネチアに滞在し,22~24年は教皇ハドリアヌス6世ローマへ招かれ,収集品の管理にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコレル
すこれる
Jan van Scorel
(1495―1562)

ネーデルラントの画家。8月1日アルクマール近郊スコレル生まれる。1519年ユトレヒトでマビュースに師事したのちニュルンベルク、ケルンテン、ベネチア、ローマに旅してデューラー、ラファエッロミケランジェロの作品に学び、ジョルジョーネやパルマ・ベッキョの影響を受けた。初期の祭壇画(ケルンテンのオーバーフェルラハ教会)にはまだゴシック様式が濃厚であるが、のち光と空間の処理にルネサンス風の特色がみられる。『聖家族』など宗教画の大作のほか、ローマ法王ハドリアヌス6世の等身大の肖像にみるような、巧みに個性を表現した肖像画を描いた。50年には「ガンの祭壇画」の修復にあたった。62年12月5日ユトレヒトで没。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スコレルの関連キーワード聞き惚れる毀れるほれ惚れ薬惚れ込む惚れっぽい掘れる見惚れるN極N-ホスホノメチルグリシン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone