コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコロサウルス Scolosaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコロサウルス
Scolosaurus

白亜紀後期に北アメリカにいた爬虫類鳥盤目に属する草食恐竜。4本肢のタンクのような恐竜で,体長約 5.5m,幅 2.5m,体重 2t。背骨の棘突起や骨板が,胴鎧の上に節になって分布している。つまり大きな棘 (とげ) の多い重々しくりっぱな装甲をもっていたが,脳は小さく下等であった。重い尾をもった動物で,尾にある2つのとがった角は有力な武器となった。尾を振回して敵に対したと思われる。足指は広く,平らな爪をそなえていた。スコロサウルスは,風成の砂岩層で発見され,体腔の中から,食べた証拠としてスズカケノキが発見されている。三角州の低地をすみかにして柔らかい植物を食べたらしい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android