スジイバラノリ

海藻海草標本図鑑の解説

スジイバラノリ

からだはイバラノリに 比べ太めの円柱状(太さ1〜3mm)で,軟骨質であり,直立して叢生する。分枝をしないか,互生もしくは叉状に1〜4回分枝する。枝の先は尖る。小枝は下 部に少なく中部から上には多くの小枝が棘のように生える。枝の断面では,中軸細胞のまわりに少数の小形細胞がある。手触りは硬いがもろく,簡単にパキッと 折れる。生体は緑褐色〜灰緑色。銚子では夏に多くみられる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android