スジウスバノリ

海藻海草標本図鑑の解説

スジウスバノリ

からだは薄い膜状。分枝は不規則に掌状。枝の先端はやや広くなり,丸みをおびることが多い。また,先端にいくほど分枝の間隔は狭くなり,かさばりあうよう になる。光に透かしてみると,肉眼でも細脈が多数入っているのが確認できる。手触りはやや硬くカサカサした乾いた感じ。生体は薄茶色〜濃紅色。押し葉標本 は台紙によくつかない。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android