コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スジマダラメイガ(条斑螟蛾) スジマダラメイガCadra cautella

世界大百科事典 第2版の解説

スジマダラメイガ【スジマダラメイガ(条斑螟蛾) Cadra cautella】

鱗翅目メイガ科の昆虫。翅の開張1~1.5cm。前翅は灰色で黒鱗を散布し,中央より少し基部よりに灰白色の横線があり,後翅は白色,半透明,外縁部はやや暗色。幼虫は貯蔵穀物や乾燥食品の大害虫で,米,麦,豆のほか,これらの粉,そば粉,ぬか,タバコなどを食害するのでコナマダラメイガとも呼ばれる。英名はalmond moth,fig moth,date moth。外米に比較的多く発生するのは,砕米と粉が多いためである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android