コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スジャラ・ムラユ Sejarah Melayu

世界大百科事典 第2版の解説

スジャラ・ムラユ【Sejarah Melayu】

東南アジア,マラッカ王国の歴史を記した書。《スジャラ・ムラユ》の書名は〈マレーの王の系譜〉の意味で,古くは《スルタンの系譜》とよばれ,1612年にジョホール王国のブンダハラによって現在のような形に完成された。マレーの古典の中で最も重要な作品。内容は,アレクサンドロス大王にまでさかのぼるマラッカ王国の王統の起源から説き起こし,マラッカの建国,その黄金時代を経て1511年のポルトガルの攻撃による王国の崩壊までの歴史で,スルタンの宮廷を中心に数多くのエピソードをちりばめ,伝説と歴史が渾然一体となり華麗に展開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スジャラ・ムラユの関連キーワードヒカヤット・アミル・ハムザヒカヤット・ハントアスジャラ・ムラユハントゥアマレー文学

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android