コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズキ チョイノリ

1件 の用語解説(スズキ チョイノリの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

スズキ チョイノリ

主用途を「通勤や通学、買い物など近距離の移動」に絞り込んで基本設計の段階から適切なエンジン出力や車体の構造、必要な機能を見直し、軽量化、合理化、低コスト化、高品質を追求。各部品のコンパクト化や新開発エンジン・新設計フレームの採用、樹脂部品の集約等により従来車と比較して約4割の軽量化を実現。また、部品点数の削減、ボルトナット類の締め付け箇所削減などの合理化により59,800円の低価格を実現。樹脂部品には着色樹脂を使用し、無塗装で6色の車体色を設定。新開発の4サイクルエンジンは、低コストで高速処理できる新技術「高速めっきシリンダー」を導入し、従来の50ccエンジン比で約4割の軽量化を達成した。保管場所スズキプラザ(〒432-8611静岡県浜松市南区高塚町300)
製作(製造)年2002
製作者(社)スズキ株式会社
資料の種類量産品
現状-
車名スズキ チョイノリ
型式BA-CZ41A
会社名スズキ株式会社
車種・用途原動機付自転車
製作開始年2002
設計者スズキ株式会社
スタイルオートバイ(スクーター)
乗員1名
車両重量43kg
前軸重20kg
後軸重23kg
全長1,500mm
全幅620mm
全高975mm
前照灯白色15W
タイヤサイズ(前)80/90-10 34J
タイヤサイズ(後)80/90-10 34J
フレーム丸パイプ
懸架方式(前)テレスコピック式
軸距1055mm
車高調整なし
ステアリングセパレートハンドル
ブレーキ(前)機械式リーディングトレーリング
ブレーキ(後)機械式リーディングトレーリング
ダンパー(前)筒形単動式
ダンパー(後)
走行安定装置なし
種類空冷4サイクルガソリン
気筒配列単・横置
弁機構OHV
気化器気化器
内径x行程36.0×48.6mm
排気量49㎝3
点火系CDI式
最高出力/回転数1.5kW/5,500rpm
最大トルク/回転数2.9N・m/3,500rpm
排気浄化消音マフラー
過給機なし
潤滑方式飛沫式
始動方式キック式(キック・セルフ併用式)
燃料タンク容量3?
変速機Vベルト無段変速
動力伝達方式ベルト式
クラッチ形式湿式多板(自動遠心式)
燃費率76.0km/?(30km/h定地)

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スズキ チョイノリの関連キーワード近距離力遠距離近距離主用中距離長距離至近距離生活路線バス短距離力長距離力

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone