コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズコウジュ(鈴香薷) スズコウジュPerillula reptans Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

スズコウジュ【スズコウジュ(鈴香薷) Perillula reptans Maxim.】

山の木陰に生えるシソ科多年草イラスト)。地下茎は横にはい,ところどころ小さな塊状にふくれる。茎は下部がややはって,上部は立ち上がり,細くて全体に毛があり,高さ20~30cmでまばらに分枝する。葉は対生して葉柄があり,卵形で長さ2~4cm,縁には少数鋸歯がある。8~10月ころ,茎の頂に長さ10cm内外のまばらな花穂を出し,白色の小型の花をつける。萼は緑色,鐘形で先が浅く5裂し,果時には少し大きくなってやや2唇形となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報