コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズライト SS

1件 の用語解説(スズライト SSの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

スズライト SS

日本で最初の本格的軽四輪乗用車であり、1955年 10月に2サイクル・360ccで発表した。「スズライト」の「スズ」は\"スズキ\"の略であり、「ライト」は \"軽い\"という意味のほか、\"光明\"を意味している。当時、四輪車に2サイクルエンジンを搭載して成功させたのは、日本では「スズライト」が始めてであり、FF方式 (フロントエンジン・フロントドライブ)を日本で始めて採用したのも「スズライト」である。保管場所スズキ株式会社 (〒432-8611 静岡県浜松市高塚町300)
製作(製造)年1955
製作者(社)鈴木自動車工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(動態)・公開
車名スズライト
モデル名スズライト SS
会社名鈴木自動車工業株式会社
製作開始年1955
車種・用途軽乗用車
実車所在/模型スズキ株式会社
スタイル箱型乗用
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量540kg
エピソード・話題性・日本初のFF
構造鋼板(モノコック)
バンパーあり
ステップなし
全長2,990mm
全幅1,295mm
全高1,400mm
タイヤサイズ゙4.00-16
前軸独立
後軸独立
軸距2,000mm
前トレッドx後トレッド1,050×1,050mm
車高調整なし
ステアリング丸ハンドル
ダンパーあり
スタビライザーなし
走行安定装置なし
特徴四輪独立懸架
冷却/気筒配列空冷/直2
弁機構ピストン弁
気化器あり
内径x行程58.9×66.0mm
排気量0.359L
点火系バッテリー点火
最高出力/回転数15.1PS/3800rpm
排気浄化なし
過給機なし
可変システムなし
燃料タンク容量18L
特徴日本初の2サイクルエンジン搭載四輪車
ハイブリッドシステム形式なし
変速機MT3
駆動方式FF
モード燃費-
その他事項前照灯:バルブ式;ワイパー:あり;ウォッシャー:あり;足ブレーキ:四輪;手ブレーキ:リヤのみ;燃料噴射:なし;比出力:42.1PS/L;最終減速:5.35;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スズライト SSの関連キーワード乗用車御母衣ダム本格的車両価額協定保険特約フルサイズ安くなった車の諸費用佐々木達三自動車競技

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone