コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタグネリウス Stagnelius, Erik Johan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタグネリウス
Stagnelius, Erik Johan

[生]1793.10.14. エーランド島
[没]1823.4.3. ストックホルム
スウェーデンの詩人。憂愁をこめた神秘と官能美の交錯する世界を抒情的にうたい上げたロマン派詩人。代表作『水の精』 Näckenは,この国の最も美しい詩の一つとして知られる。家庭教師にもついたが,主として牧師の父の図書室で独学した。父がカルマルの教区の主教に任じられた 1810年に本土に移り,ルンド大学とウプサラ大学に学んだ。卒業後ストックホルムの官吏となったが,孤独癖が強く,酒とアヘンに耽溺して早世した。戯曲『殉教者たち』 Martyrerna (1821) ,『バッカンテルナ』 Backanterna (22) ,詩集『シャロンの百合』 Liljor i Saron (21) ,『作品集』 Samlade Skrifter (24~26) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スタグネリウスの関連キーワードスウェーデン文学

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android