コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタックアーキテクチャー すたっくあーきてくちゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スタックアーキテクチャー

スタック形式の演算モデルを使ったマシンのアーキテクチャー。X86のFPUで採用されている。演算に先立ってそのオペランドスタックにプッシュしておき、たとえばFADD(浮動小数点加算命令)などを実行すると、その演算結果もまたスタックトップに置かれる。命令コード中にオペランドの明示的な指定が不要なので、命令コードサイズを小さくできるという特徴がある。しかしX86のFPUはスタックが8段分しかないのでFPU中に保持できるオペランド数が少なく、その分メモリー参照が増えるので、他のRISC CPUのようにパフォーマンスを上げることができない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android