コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタックアーキテクチャー すたっくあーきてくちゃ

1件 の用語解説(スタックアーキテクチャーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スタックアーキテクチャー

スタック形式の演算モデルを使ったマシンアーキテクチャー。X86のFPUで採用されている。演算に先立ってそのオペランドスタックプッシュしておき、たとえばFADD(浮動小数点加算命令)などを実行すると、その演算結果もまたスタックトップに置かれる。命令コード中にオペランドの明示的な指定が不要なので、命令コードサイズを小さくできるという特徴がある。しかしX86のFPUはスタックが8段分しかないのでFPU中に保持できるオペランド数が少なく、その分メモリー参照が増えるので、他のRISC CPUのようにパフォーマンスを上げることができない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone