コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタニスラス広場 スタニスラスヒロバ

2件 の用語解説(スタニスラス広場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スタニスラス‐ひろば【スタニスラス広場】

Place Stanislas》フランス北東部、ロレーヌ地方、ムルト‐エ‐モーゼル県の都市、ナンシーの中心部にある広場。18世紀中頃、ルイ15世の義父スタニフワス(スタニスラス)=レシチニスキーがポーランド国王の座を追われて亡命しロレーヌ公となり、大規模な都市開発を行った際につくられた広場の一。同市出身の建築家エマニュエル=エレが設計し、金具工芸師ジャン=ラムールがロココ様式の装飾を手がけた。市庁舎、凱旋門、ナンシー美術館に囲まれる。他の広場と共に、1983年に「ナンシーのスタニスラス広場カリエール広場及びアリアンス広場」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

スタニスラスひろば【スタニスラス広場】

フランス北部、ロレーヌ地方の都市ナンシー(Nancy)の市街中心部にある3つの広場の一つ。他の2つの広場はカリエール広場アリアンス広場である。この3つの広場は、合わせて世界遺産に登録されている。106m×124mのスタニスラス広場に面して市庁舎、凱旋門、ナンシー美術館などが建ち並ぶ。この広場は、フランスルイ15世の義父ロレーヌ公スタニスラスが国王を称えて、1751~1755年にかけてエマニュエル・エレの設計により建設したものである。中世以来の旧市街と16~17世紀にかけてつくられた新市街を統一しようという意図があり、広場はその都市計画の重要な役割を担った。広場中央には、1831年に設置されたスタニスラスの像が建つ。それ以前は国王広場(Place Royale)と呼ばれ、ルイ15世の像が建っていたが、フランス革命期に壊されて残っていない。このほか、広場の6ヵ所に、ロココ様式の美しい金属細工が施された鉄柵がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタニスラス広場の関連キーワードセーヌ川ナンシーベルダンアルザスロレーヌシャロレーアリアンス広場カリエール広場ビッテルメッスアルザス・ロレーヌ問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone