スタニスワフ ビスピャンスキ(英語表記)Stanisław Wyspiański

20世紀西洋人名事典の解説

スタニスワフ ビスピャンスキ
Stanisław Wyspiański


1869 - 1907
ポーランドの劇作家,詩人,画家。
クラクフ生まれ。
クラクフ大学で学び、ヤン・マテイコに師事し、さらにパリで美術と建築学を修める。帰国後、文学活動に入りポーランド・ネオロマン主義と象徴主義の指導的役割を果たし、象徴的、幻想的戯曲を多く書き、同国現代演劇の始祖となる。又、画家としても人物画に優れた作品が多い。作品に「婚礼」(1901年)、「解放」(’03年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android