スタファ島(読み)スタファトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタファ島
すたふぁとう
Staffa

イギリス、スコットランド中西部、マル島西岸の入り江内に浮かぶ小さな無人島。第三紀に噴出した玄武岩からなる島で、柱状節理の美しい海食崖(がい)や多くの海食洞が発達する。フィンガルの洞窟(どうくつ)は、メンデルスゾーンの序曲『フィンガルの洞窟』の題材となった。[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android