コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタルニーナ Starnina, Gherardo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタルニーナ
Starnina, Gherardo

[生]1354頃.フィレンツェ
[没]1409以後.フィレンツェ
フィレンツェ派の画家。 1413年以前に没した。アニョーロ・ガッディのもとで修業したと推測される。 1398年にはスペインのトレド,1401年にはバレンシアにいた。 04年フィレンツェのサンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂ヒエロニムス礼拝堂に壁画を完成。これは断片となっているが,残存する唯一の確証ある彼の作品。このほか,バサーリの記述や上記の壁画との比較からフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂カステラーニ礼拝堂の壁画『聖アントニウスと聖ニコラスの伝説』や『テバイード』 (ウフィツィ美術館) も彼の作品とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スタルニーナの関連キーワードへき地学校北畠親房黄公望呉鎮フライブルク大聖堂一天玄清徽安門院小宰相北畠親房近衛基嗣三条実冬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android