スタング(父子)(読み)すたんぐ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタング(父子)
すたんぐ

(1)フレデリックFrederik Stang(1808―1884) ノルウェーの初代首相。1829年クリスティアニア大学(現オスロ大学)法学講師、1837~1839年政府法官、1837~1845年クリスティアニア市議を経て、1845~1856年に入閣。1861年総督職につき、1873年総督職廃止後も国王カール15世Karl (在位1859~1872)の要請で首相を務めた。閣僚の議会出席決議に対し、国王に拒否権行使を三度勧告した。スベルドラップと対立したが、1880年議会の憲法修正決議後に退陣した。
(2)エミールEmil Stang(1834―1912) (1)の子。1862年弁護士、1877~1889年クリスティアニア市議、1883年ストルティングStorting(変則的一院制議会)議員となる。1884年に右翼党を結成し、議長に就任した。1889~1891年、1893~1895年左翼党穏健派の支持も得て、首相を務めた。スウェーデンとの領事問題では、1891年領事制度保持の下、外務大臣の国籍については決定を延期という妥協案に同意し、早急な分離を要求する純粋左翼党と対立を深めた。[大島美穂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android