コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンプマネー stamp money

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタンプマネー
stamp money

裏面に有効期限の日付を押した紙幣で,日付貨幣,消滅貨幣ともいわれる。貨幣から価値蓄蔵機能を奪い取り,一定期間以上の紙幣の退蔵を不可能とすることによって,消費の活発化,再投資の促進をはかろうとする考え方によるものであった。この考え方は 19世紀末に S.ゲゼルが提唱したもので,実際には 1930年代にドイツ,オーストリア,アメリカなどで局地的にではあるが発行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android