コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンプラリー スタンプラリー

大辞林 第三版の解説

スタンプラリー

stamp+rally〕
一定の経路を巡って各ポイントに置いてあるスタンプを集めるゲーム。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

タレントデータバンクの解説

スタンプラリー


グループ
スタンプラリー

グループメンバー
山本 偉地位/井口 敏男

職種
お笑い

プロフィール
山本偉地位(写真左)と、井口敏男(写真右)からなるお笑いコンビ。主な出演作は、ソロライブ『THANKS RALLY』『OTHER SIDE』、単独公演『GIMMICK』他。個人では井口が、朝日放送『叱る GENJI』、NTV『芸人報道』などに出演。

代表作品
お笑いライブ『GIMMICK』(2013) / お笑いライブ『MATERIAL』(2012) / お笑いライブ『OTHER SIDE』(2012)

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタンプラリー
すたんぷらりー

鉄道の駅や道の駅、観光名所などを巡り、指定された場所で専用の用紙や帳面に、スタンプを押して回ること。スタンプを収集することで、巡回した記録や証(あかし)にしたり、集めた数や収集時間などを競い合う催し物やゲームなどとして楽しまれている。スタンプメーカー大手のシヤチハタ株式会社によれば、1970年(昭和45)に開かれた大阪万国博覧会で、各パビリオンに設けられた専用スタンプの収集が人気となり、これがスタンプラリー誕生のきっかけになったという。1970年代には、日本国有鉄道(現、JR)がディスカバリー・ジャパンと銘打った個人旅行客拡大のためのキャンペーンを行っており、この際、観光名所の訪問を記念する絵柄の印章を全国の主要駅に設置した。このスタンプの収集が人気を集め、旅行の楽しみの一つとして定着するようになった。
 大学の研究施設や地域の文化財などの公開イベント、スポーツ競技などにおいても、新鮮な学習方法や遊び方の手段として幅広くスタンプラリーが取り入れられている。また、GPS(全地球測位システム)内蔵型の携帯端末やスマートフォンなどを活用して、ある場所に置かれたQRコードを携帯端末で読み取る電子的なスタンプラリーも実施されるようになっている。スタンプラリーを通じた観光地周遊のガイドや、スタンプ収集の進行状況のソーシャルネットワーク上での実況、あるいはゲームアプリとの連動など、ICT(情報通信技術)を利用した新たな活用法も生まれている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スタンプラリーの関連キーワード一宮モーニングプロジェクトフロマラソンイースター城戸優立香石井薫子温泉道ゲーム経路一定

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スタンプラリーの関連情報