コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターアライアンス Star Alliance

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スターアライアンス

97年5月、エア・カナダ、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空タイ国際航空、ユナイテッド航空の5社で設立。日本では全日空が99年に加盟。現在の加盟は17社。合わせて約150カ国、約850の空港に乗り入れている。加盟各社間では他社を利用してもマイレージ・プログラムにポイントが加算される。最初の搭乗手続きで他社の乗り継ぎ便まで済ませたり、他社のラウンジも利用できたりする。ドイツのフランクフルトにある「スターアライアンスサービス社」の本社では、約70人の社員が統一ブランドづくりなど企画開発に携わっている。

(2007-06-10 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スターアライアンス
すたーあらいあんす
Star Alliance

世界的な航空会社による提携ネットワークの一つ。アメリカのユナイテッド航空、ルフトハンザ・ドイツ航空が中心的存在であり、2013年(平成25)時点で全日本空輸など28社が加盟している。1997年5月設立。「スターアライアンス」のブランド名で営業し、搭乗予約やマイレージサービスを共通化し、各社間の乗り継ぎをスムーズにしたり、搭乗手続を1回ですむようにした。195か国1328空港を結ぶ大路線網となっている(2013)。これに対抗して1999年にワンワールド、2000年にスカイチームが設立され、それぞれネットワークを拡大している。[戸崎 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スターアライアンスの関連キーワード国際航空連合(アライアンス)ANAマイレージクラブアシアナ航空株式会社カナディアン航空全日本空輸(株)シンガポール航空中国国際航空公司アメリカン航空航空連合

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スターアライアンスの関連情報