コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチュシェミンスキ スチュシェミンスキStrzemiński,WŁadisŁaw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチュシェミンスキ
Strzemiński,WŁadisŁaw

[生]1893.11.21. ミンスク
[没]1952.12.26. ウッジ
ロシア生れのポーランドの美術家。サンクトペテルブルグ技術学校で学ぶ。 1918年からロシアで革命後の美術運動に参加,特に K.S.マレービッチから強い影響を受けた。 22年,夫人で彫刻家のカタルジーナ・コブロ (1898~1951) とともにポーランドへ移住し,構成主義運動の主導者となる。その後『絵画のユニズム』 (1928) を刊行,色彩と形態の一体化を主張した。主要作品はポーランドのウッジ美術館に収蔵されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スチュシェミンスキの関連キーワードポーランド近代美術

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android