スチュシェミンスキ(英語表記)Strzemiński,WŁadisŁaw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチュシェミンスキ
Strzemiński,WŁadisŁaw

[生]1893.11.21. ミンスク
[没]1952.12.26. ウッジ
ロシア生れのポーランドの美術家。サンクトペテルブルグ技術学校で学ぶ。 1918年からロシアで革命後の美術運動に参加,特に K.S.マレービッチから強い影響を受けた。 22年,夫人で彫刻家のカタルジーナ・コブロ (1898~1951) とともにポーランドへ移住し,構成主義運動の主導者となる。その後『絵画のユニズム』 (1928) を刊行,色彩と形態の一体化を主張した。主要作品はポーランドのウッジ美術館に収蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android