コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティール・パートナーズ

1件 の用語解説(スティール・パートナーズの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スティール・パートナーズ

90年にウォレン・リヒテンシュタイン氏が立ち上げた米系投資ファンド。「スティール」は、初めての投資先が鉄鋼会社だったことに由来する。日本では02年にユシロ化学工業ブルドックソースの株式を保有したのを皮切りに投資を始めた。これまで40億ドルを超す資金を投じたとみられている。米国のほか英国や北欧、中国、韓国でも活動をしている。代表のリヒテンシュタイン氏は米ペンシルベニア大学を87年に卒業後、金融アナリストを経てスティールを設立。投資先である韓国たばこ大手のKT&Gや米SLインダストリーズの取締役も務める。

(2007-06-13 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スティール・パートナーズの関連キーワードリヒテンシュタインワレンシュタインアインシュタイン宇宙バレンシュタインルビンシュタインアインシュタイン‐シュタルクの法則アインシュタインの場の方程式アインシュタインの比熱関数シュタルク‐アインシュタインの法則『フランケンシュタイン』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スティール・パートナーズの関連情報