コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファヌス3世(4世) ステファヌスさんせい[よんせい]Stephanus III (IV)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス3世(4世)
ステファヌスさんせい[よんせい]
Stephanus III (IV)

[生]720?. シチリア
[没]772.1.24. ローマ
シチリア(→シチリア島)出身の第94代教皇在位 768~772)。教皇パウルス1世(在位 757~767)の死後,世俗権力者が教皇座をねらい,コンスタンチヌス2世(在位 767~768)とフィリップス(在位 768.7.)が対立教皇として立つ混乱が続いた。768年8月,ベネディクト会の司祭だったステファヌス3世(4世)が教皇に選出され,フランク王カルル1世(在位 768~814)と,その弟で共同統治をしていたカルロマン(在位 768~771)に選挙結果を伝えた。769年4月,ラテラノ会議を招集し,対立教皇コンスタンチヌス2世を正式に廃位した。教会内部では,東方教会に対しイコン(聖像)の崇敬を認め(→聖画像論争),またローマ教会において司教枢機卿(→カーディナル)の権利を拡大した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ステファヌス3世(4世)の関連キーワード旭酒造株式会社藤原浜成藤原浜成嫡出子嫡出推定無戸籍再婚禁止期間奈良時代(年表)徘徊中の列車事故訴訟ソ・イングク

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android