コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファヌス9世(10世) ステファヌスきゅうせい[じっせい]Stephanus IX(X)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス9世(10世)
ステファヌスきゅうせい[じっせい]
Stephanus IX(X)

[生]?
[没]1058.3.29. フィレンツェ
教皇 (在位 1057~58) 。本名 Friedrich von Lothringen。北ロレーヌ公ゴズロンの息子,ローレン公,トスカナ侯ゴットフリートの兄弟。レオ9世により枢機卿に任じられ,1054年コンスタンチノープルへの教皇使節となる。 57年モンテ・カシノ大修院長。教皇として聖職者独身制を強化するなど,教会改革を促進した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ステファヌス9世(10世)の関連キーワードベネディクツス10世

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android