コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステリンガの反乱 ステリンガのはんらん

世界大百科事典 第2版の解説

ステリンガのはんらん【ステリンガの反乱】

841‐843年ザクセンで起こった自由民ほか下層民の貴族に対する反乱。カール大帝のザクセン征服(772‐804)後,貴族は大幅な特権を認められ,これをてこに下層民の隷属民化・封建化を強行したため,下層民はステリンガStellingaと呼ばれる同盟を結び,反乱に立ちあがった。ルートウィヒ1世の死(840)後の相続をめぐるフランク帝国の内乱で,長子の皇帝ロタール1世が,次子東フランク国王ルートウィヒ2世と末子西フランク国王カール2世の連合軍に大敗した直後であり,ルートウィヒを支持するザクセンの貴族に対し,ロタールが背後でこの反乱をそそのかしたともいわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ステリンガの反乱の関連キーワードベルダン条約カルル2世(禿頭王)ランダルマの破仏ロタール1世ルートウィヒ(2世)(東フランク国王)A判共和[周]レルパチェン会昌の廃仏カール[2世]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android