コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストキャスティックス(Stchastics)

外国為替用語集の解説

ストキャスティックス(Stchastics)

George Lane氏により開発。一定の期間の価格変動幅の中で、直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを測定するもの。「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」の状態を0~100%の範囲で示し、相場の天井、底を見極めるのに役立つ。ストキャスティックスにはより敏感なファーストと、ファーストをさらに3日平均したスローの2種類がある。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

ストキャスティックス(Stchastics)の関連キーワードジュリア ゴールディングペンギン・ブックスアイゲンアメリカ美術リュミニズムジョージHWブッシュ聖ゲオルギウス大聖堂George-Kバーソロミュームーア

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android