コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラパローラ Straparola, Giovan Francesco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストラパローラ
Straparola, Giovan Francesco

[生]1480/1500頃.ベルガモ
[没]1557
イタリアの物語作家。生涯についてはほとんど不明。 1530年から 40年にかけてベネチアに住み,ペトラルカ風の抒情詩を残したが,代表作は『楽しき夜毎』 Le piacevoli notti (2巻,1550,53) 。カーニバルの際,ムラノ島で 13夜にわたって語られた一種の枠物語であり,最も古い民話集でもある。第1巻が 25話,第2巻は 48話から成る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストラパローラ【Giovan Francesco Straparola】

1500ころ‐57以後
イタリアの作家。北イタリアのカラバッジョに生まれ,1530‐40年にベネチアにいたこと以外,生涯についてはほとんど不明。《愛しき夜毎》(第1の書,1550刊。第2の書,1553刊)はバジーレペローグリムに先行するヨーロッパ最初の民話集。ボッカッチョの《デカメロン》と同じ枠物語の体裁をとり,13人の女と多数の男たちが13夜73話を語りつぐ。たとえば,ペローの《長靴をはいた猫》の原型は第11夜第1話。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストラパローラ
すとらぱろーら
Giovan Francesco Straparola
(1480/1500ころ―1557以後)

イタリアの作家。北イタリアのカラバッジョに生まれ、1530年から40年までベネチアに住んだこと以外、生涯については不明。ペトラルカ派のソネット、詩編、書簡などのほかに、方言を交えた民話集『楽しき夜ごと』(第一の書、1550刊。第二の書、1553刊)を著した。ボッカチオの『デカメロン』に倣い枠物語の形式をとって、ベネチアのムラーノ島を舞台に、13人の女と多数の男たちが、75編の物語を13夜のうちに語り継いでゆく。第一の書が世評を集めたため、第二の書は性急に編まれたうらみがあるが、ヨーロッパ最初の民話集としての価値は大きい。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ストラパローラの関連キーワードペンタメロン河島英昭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストラパローラの関連情報