コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラングラーズ すとらんぐらーずStranglers

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストラングラーズ
すとらんぐらーず
Stranglers

イギリスのパンク、ニュー・ウェーブを代表するロック・グループ。結成時のメンバーはヒュー・コーンウェルHugh Cornwell(1949― 、ギター、ボーカル)、ジャン・ジャック・バーネルJean-Jacques Burnel(1952― 、ベース、ボーカル)、デイブ・グリーンフィールドDave Greenfield (1949― 、キーボード)、ジェット・ブラックJet Black(1938― 、ドラムス)の4人。生化学専攻の大学院生だったコーンウェルや有能なビジネスマンであったブラック、空手に熱中していたバーネルなどの一風変わったバックグラウンドを持ったメンバーはシングル「グリップ」(1977)でデビュー、勃興しつつあったパンク・ムーブメントの一翼を担う。ファースト・アルバム『夜獣の館』(1977)はいきなりゴールド・ディスクを獲得、プログレッシブな音楽性を持ったパンク・バンドとして人気を博す。しかしコンサートでの暴力沙汰、右翼団体の襲撃事件などでスキャンダラスなイメージもつきまとい、小売店がアルバムの発売禁止運動を起こすほどであった。
 『ノー・モア・ヒーローズ』(1977)や『ブラック・アンド・ホワイト』(1978)など続くアルバムはいずれも商業的成功を収め、1979年(昭和54)には初来日も果たしている。他のパンク・バンドが軒並み解散や失速を迎えるなか、次第に彼らのサウンドもパンク的な疾走感が影を潜め、メロディアスな構築的サウンドへと移行する。『メニンブラック』(1981)、『黒豹』(1982)などはそのような中期の作品である。しかし順調に活動を続けていた彼らも10枚目のアルバム『10』(1990)リリース後にコーンウェルが脱退し、元バイブレーターズのジョン・エリスJohn Ellis(1952― 、ギター)、そしてポール・ロバーツPaul Roberts(1959― 、ボーカル)を迎え入れ、5人編成となった。2000年にエリスは脱退し、バズ・ワーンBaz Warne(1964― 、ギター)が加入している。[増田 聡]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ストラングラーズの関連キーワードパンク・ロック[punk rock]ポップ・グループ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android