ストロンチウム・イエロー(英語表記)strontium yellow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロンチウム・イエロー
strontium yellow

絵具の色名の一つ。クロム酸ストロンチウム SrCrO4 から成る黄色顔料バリウム・イエローと同様にレモン・イエローの名で市販される。 1809年に製法が発明されたが,絵具として実用化された正確な時期は不明。油絵具としては,時間がたつに従って灰緑色調に変る性質がある。日光にさらすと緑みを帯びる。不透明で被覆力は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android