コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロンチウム・イエロー strontium yellow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロンチウム・イエロー
strontium yellow

絵具の色名の一つ。クロム酸ストロンチウム SrCrO4 から成る黄色顔料バリウム・イエローと同様にレモン・イエローの名で市販される。 1809年に製法が発明されたが,絵具として実用化された正確な時期は不明。油絵具としては,時間がたつに従って灰緑色調に変る性質がある。日光にさらすと緑みを帯びる。不透明で被覆力は大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android