コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストークスパラメータ Stokes parameter

法則の辞典の解説

ストークスパラメータ【Stokes parameter】

電磁波の偏波の割合を定量的に表現するのに必要なパラメータ.電磁波の到来方向に直交する面内で,電気ベクトル(光の場合には磁気ベクトル)の挙動を定義する.任意の直角方向での強さの差を Q,それに45° をなす直角方向での強さの差を U,また全体的にみて右回りの強さと左回りの強さの差を V,任意の直角方向での強さの和を I とし,これら QUVI をストークスパラメータという.

を電磁波の偏波成分の強さ,を偏波率という.特にの場合を自然光という.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ストークスパラメータの関連キーワードストークスベクトル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android