コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストークス線 Stokes line

法則の辞典の解説

ストークス線【Stokes line】

ストークスの法則(蛍光)に従い,励起光線よりも長波長(低波数)側に現れる発光スペクトル線.ラマンスペクトルでも同じように長波長(低波数)側に現れるラマン線をストークス線という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のストークス線の言及

【ストークスの法則】より

…多くの場合,蛍光体のもつ熱エネルギーの一部,すなわち格子振動のエネルギーが励起光のエネルギーに加えられ発光する。この現象は光ルミネセンスに限らず,例えば,ラマン散乱においても,励起光より長波長の散乱光スペクトルをストークス線,短波長のスペクトルを反ストークス線と呼ぶ。反ストークス線はストークス線に比べて強度の弱いのがふつうである。…

※「ストークス線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストークス線の関連キーワードストークスの法則(蛍光)ストークスシフトストークスの法則ブリルアン効果分子スペクトルラマン効果

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android