コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナネズミ(砂鼠) スナネズミMongolian gerbil

世界大百科事典 第2版の解説

スナネズミ【スナネズミ(砂鼠) Mongolian gerbil】

外形がカンガルーネズミに似た齧歯(げつし)目ネズミ科スナネズミ亜科の哺乳類。モンゴルと中国北部の乾燥地に分布。体長11~13cm,尾長9~10cm。目が大きく,耳介が短く,後脚は比較的長く,つめが黒色で長い。体は砂色で,腹面は灰白色。尾は裸出せず,毛で密に覆われる。砂漠,草原,低木林にすみ,トンネルを掘り巣とする。昼夜とも活動し,種子,葉,根などを食べ,貯蔵もし,冬眠する。妊娠期間25~29日,1産3~4子で,年に数回出産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスナネズミ(砂鼠)の言及

【スナネコ(砂猫)】より

…乾いた荒地にすみ,日中は浅い穴に潜む。夜出てスナネズミやトビネズミなどを捕食する。ふつう3~4月に2~4子を生む。…

※「スナネズミ(砂鼠)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android