コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナビキモク

海藻海草標本図鑑の解説

スナビキモク

付着器は薄く広い盤状で,付着器から円柱状の茎が多数直立する。茎頂より主枝を生じる,枝は三稜形でゆるく捻れている。主枝の下部には小さなトゲをつけ る。枝下部に見られる葉は倒卵形から披針形をしており,縁辺は全縁または不規則に鋸歯をもつこともある。枝上部の葉は細長い楕円形から紡錘形が多く,左右 非対称で片側に鋸歯をもつものも多く見られる。気胞は下部のものは球形から洋梨形となり,上部の物は楕円形から紡錘形で小形となる。砂をかぶるような岩礁 上に生育することが多い。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android