コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スニト(蘇尼特) スニトSunite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スニト(蘇尼特)
スニト
Sunite

中国,内モンゴルのシリンゴル (錫林郭勒) 盟の旧5部の一つ。東西約 240km,南北 360km,砂質の平原が大半で,不毛の地。韃靼 (だったん) のダヤン・ハン (達延汗) の次子ククチト・メルゲン (庫克斉図墨爾根) が部祖で,初めてスニトと称した。崇徳1 (1636) 年内モンゴル諸部が清朝に服属すると,リンダン (林丹) の兵乱を避け,他部とともに外モンゴルにいた同部のテンギス (謄機思) ,ソサイ (素賽) は,同4年一族を率いて帰還し清朝に服属,それぞれ同部の左翼旗の長 (ジャサク) ,右翼旗の長に任じられた。順治3 (46) 年,前者は外蒙古のチェチェン・ハン (車臣汗) の誘いで反乱したが敗れ,再度帰服した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スニト(蘇尼特)の関連キーワード韃靼砂質服属兵乱清朝