スネア・ドラム[snare drum](読み)スネアドラム

音楽用語ダスの解説

スネア・ドラム[snare drum]

リズム・パターンの中でアクセントを打ち出す最も重要なパーツで、ドラム・セットの中心になるもの。略して単にスネアとだけ呼ばれることが多い。口径の大きさや胴の深さ、また材質などによって音の違いがある。スネアの音を特徴づけているのは、打面の裏側にセットされたスナッピーだ。スナッピーは細い針金を波状に変形し、それを束ねて打面裏側のヘッド(スネア・サイドという)に触れるようにセットされるもので、スネアをショットした際に独特な効果を産み出す。このスナッピーをコントロールするレバーをストレイナーという。スネアはスティックで普通にヘッドをショットする以外に、回りの金属の縁(リム)も同時にショットするリム・ショットが頻繁に使われる。このリム・ショットにも2種類があって、スティックの先端がヘッドに当たるのと同時に、スティックの胴の部分もリムにあてるものと、あらかじめスティックの先端をヘッドに付けておき、スティックの胴の部分だけでリムをショットするものがある。どちらもリム・ショットと呼ばれているが、前者はきわめて強いアクセントを感じさせるのに対し、後者は弱いアクセントを表現する場合に使われる。ワイヤー・ブラシを使用したスネアのサウンドは、ジャズにはなくてはならないもの。このプレイではヘッドのショットばかりでなく、ブラシでヘッドをこする摩擦音も重要な要素とされている。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android