コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバルサンバー

1件 の用語解説(スバルサンバーの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

スバルサンバー

軽四輪トラックの主流がボンネット型だった頃、新しいイメージキャブオーバー型のトラックとして開発され、広い積載スペースと優れた乗り心地が市場で好評を博し、さまざまの分野で特色ある需要層を開拓した。保管場所富士重工業株式会社群馬製作所本工場内スバルギャラリー (〒373-8555 群馬県太田市東本町10-1)
製作(製造)年1961
製作者(社)富士重工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(静態)・公開
車名スバルサンバー
モデル名K-151
会社名富士重工業株式会社
製作開始年1961
車種・用途軽貨物車
実車所在/模型スバルギャラリー(太田)
スタイルトラック
ドア数2
乗員2
車両重量395kg
エピソード・話題性豆腐屋さんが使っても壊れないというエピソードが出た。
全長2,990mm
全幅1,300mm
全高1,520mm
タイヤサイズ゙4.50-10-4PR
特徴・軽四輪トラックの主流がボンネット型だった頃、新しいイメージのキャブオーバー型車として登場。
前軸トレーリングアーム式
後軸スイングアクスル式
軸距1,670mm
特徴・乗心地に優れ、上記エピソードが出るほど好評を博した。
冷却/気筒配列空冷/2気筒
排気量356cc
最高出力/回転数18/4,700(PS/rpm)
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前進3段・後退1段
駆動方式RR
モード燃費-
参考文献・富士重工技術人間史『スバルを生んだ技術者たち』、 ・富士重工業30年史
その他事項積載重量:350kg;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スバルサンバーの関連キーワードガボンボンネットトラックダウンバガボンドポットラックボンネットバスレンネットトラッカーマルチトラックオンザボンネット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スバルサンバーの関連情報