コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバル インプレッサ WRX STI

1件 の用語解説(スバル インプレッサ WRX STIの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

スバル インプレッサ WRX STI

スバル インプレッサに,より走行性能を高めたモデル STiシリーズとして,2000年10月に追加された.インタークーラーやエアインテークの大型化による冷却性能の向上,ターボチャージャーの改良,シムレスバルブリフター,AVCS(アクティブバルブコントロールシステム:可変バルブタイミング機構)の採用などによる動力性能の向上を図ると共に,高トルクを受けとめる新開発のクロスレシオ6速マニュアルトランスミッション,高剛性の倒立式ストラットサスペンション,17インチベンチレーテッドディスク等を採用し,日常的な扱いやすさを確保しながら走行性能をさらに向上.速さと質感の高い走り味の両立による「感動の走り」を追求するとともに、モータースポーツに参戦するうえでの潜在能力を高めた.保管場所スバル研究実験センター
製作(製造)年2000
製作者(社)富士重工業(株)
資料の種類実車
現状-
車名スバル インプレッサ WRX STI
モデル名GH-GDB
会社名富士重工業株式会社
製作開始年2000
設計者富士重工業(株)
協力者(株)スバルテクニカインターナショナル
実車所在/模型インプレッサ シリーズ 乗用
スタイルセダン
ドア数4ドア
乗員5名
車両重量1,705Kg
構造モノコック
バンパーあり
ステップなし
全長4,405㎜
全幅1,730㎜
全高1,435㎜
タイヤサイズ゙225/45ZR17
前軸ストラット式
後軸ストラット式
軸距2,525㎜
前トレッドx後トレッド1490㎜×1480㎜
車高調整なし
ステアリングラック&ピニオン
主ブレーキベンチレーティッド・ディスク
駐車ブレーキ機械式車輪制動形
ダンパー筒型 複動式
スタビライザートーションバー式
走行安定装置ABS
原動機名EJ20型
冷却/気筒配列水冷,水平対向4気筒
弁機構DOHCベルト駆動 16バルブ
気化器電子式 燃料噴射
内径x行程92.0mm×75.0mm
排気量1,994L
点火系フル・トランジスタ式
最高出力/回転数206kW/6,400rpm
最大トルク/回転数373N・m/4,000rpm
排気浄化三元触媒(モノリス)
過給機ターボ式
可変システムなし
燃料タンク容量60?
ハイブリッドシステム形式なし
変速機ギヤ式 6MT
駆動方式4WD
モード燃費10.4Km/? (10・15モード)

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スバル インプレッサ WRX STIの関連キーワードシンプレックスコンプレックスインプレッショニズムインプレッションエアコンプレッサーインプレインプレッサリオコンプレッサーストールオーバープレッシャーリリースバルブページ・インプレッション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone