コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパイ・ライン

1件 の用語解説(スパイ・ラインの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

スパイ・ライン

英国の作家レン・デイトンのスパイ小説(1989)。原題《Spy Line》。「SIS局員バーナード・サムソン」第二期三部作の第2作。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スパイ・ラインの関連キーワードSS-GB昨日のスパイ最後のスパイ/希望最後のスパイ/慈愛最後のスパイ/信義スパイ・シンカースパイ・フックトゥインクル・トゥインクル・リトル・スパイベルリン・ゲームベルリンの葬送

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone