コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパニングツリー すぱにんぐつりー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スパニングツリー

スイッチの経路冗長化の機能。スイッチ間のケーブルは、通常は冗長化できない。単に冗長化しただけでは、フレームが延々とループを繰り返すことになり、過負荷によりネットワークがダウンしてしまう。スパニングツリーを利用すると、物理的な配線が冗長化されていても、普段利用する経路以外のポートにはフレームを転送しない。そして、一方のケーブルが何らかのトラブルで断線した場合に、ダウンした経路のポートを自動的に閉じて、遮断しておいた予備経路のポートを開いて通信を開始する。スパニングツリーで経路の状態を確認するためには、STP(Spanning Tree Protocol)と呼ばれるプロトコルを利用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

スパニングツリーの関連キーワードインテリジェントスイッチIEEE802.1

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スパニングツリーの関連情報