コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパーライト sparite

岩石学辞典の解説

スパーライト

スパー状(透明または半透明な)の方解石で,石灰岩の粒子間隙を充填する膠結物を作り,粒度はミクライト(micrite)とは反対で粗粒である[Folk : 1959].スパー状の方解石で膠結された石灰岩[Folk : 1959].sparry calciteの縮小語で,透明方解石ともいう.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のスパーライトの言及

【石灰岩】より

…後者が量的には多く,それらは砕屑岩として扱うことができ,粒径により石灰レキ岩,石灰砂岩,石灰シルト岩,石灰泥岩に区分される。また,微晶質方解石基質(マイクライトmicrite)をもつものと,粗粒方解石により膠結(こうけつ)されたもの(スパーライトsparite)に大別され,構成粒子(炭酸塩砕屑片,オーライトoolite,生物遺骸片,ペレット)の量比により,それぞれ細分される。石灰岩の分類には多くの提案があり,一致をみていない。…

※「スパーライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スパーライトの関連キーワードバイオペルスパーライトイントラスパーライトバイオスパルダイトバイオスパーライトカルクスパーライトウースパルダイトウーミクライトウースパライトスパーゲナイト凝塊

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android