スピンロック

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スピンロック

OSのシステムレベルの排他処理を実現する処理のひとつで、条件が成立するまでループしながら待つ方式。CPUパワーを消費するが、同期のためのオーバーヘッドが少なくすむので、比較的短時間の排他制御に向いている。Windows NTでは、カーネルによる低レベルの同期メカニズムとして。主にマルチプロセッサー間の同期処理を行なう際にスピンロックが利用される。スピンロックはカーネル関数によって、カーネル以外でも利用でき、ネットワークドライバーなどのカーネルモードのコンポーネントで、システムリソースをモジュールの1ヶ所のみからアクセスされるようにする場合にも利用される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android