コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピンロック

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スピンロック

OSのシステムレベルの排他処理を実現する処理のひとつで、条件が成立するまでループしながら待つ方式。CPUパワーを消費するが、同期のためのオーバーヘッドが少なくすむので、比較的短時間の排他制御に向いている。Windows NTでは、カーネルによる低レベルの同期メカニズムとして。主にマルチプロセッサー間の同期処理を行なう際にスピンロックが利用される。スピンロックはカーネル関数によって、カーネル以外でも利用でき、ネットワークドライバーなどのカーネルモードのコンポーネントで、システムリソースをモジュールの1ヶ所のみからアクセスされるようにする場合にも利用される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スピンロックの関連情報