コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スヘルデ[川] Schelde

1件 の用語解説(スヘルデ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スヘルデ[川]【Schelde】

フランスサン・カンタン付近の台地に発して,ベルギー北西部を横切り,オランダで北海に注ぐ川。フランス語ではエスコーEscaut川。全長355km。本・支流に沿って,アントワープをはじめ,ヘントトゥールネバランシエンヌリールなどの都市が発達。河口付近は砂州が多く,6万5000載貨重量トン以上の外航船の航行は困難である。上流の北フランス工業地帯では1350トンまでの艀(はしけ)が航行できるが,アントワープ~ペロンヌ間は600トン級に限られ,内陸水路としての価値は低い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスヘルデ[川]の言及

【ベルギー】より


【自然,地誌】
 ベルギーの地形は全体として平坦であるが,国のほぼ中央を東西に貫くサンブル=ムーズ川の流域を境に,北部のフランドルやケンペンKempenの低地と,中部の丘陵地,南部のアルデンヌ山地に分けることができる。北部は,スヘルデ川(およびその支流のレイエLeie川,デンデルDender川,ネーテNete川,リューペルRupel川)の流域で標高100m以下の低地が広がる。土質は河岸に粘土の沖積層がみられるほかは,オランダ南部から続く洪積層の砂質で,一部に砂質・粘土,砂・黄土が見られる。…

※「スヘルデ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スヘルデ[川]の関連キーワードクレマンサンソン図法トルバドゥールフロマンタンモンタンレジスタンスさん付けサイヤンオルガン付きランタン炭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone