コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スヘルデ[川] Schelde

世界大百科事典 第2版の解説

スヘルデ[川]【Schelde】

北フランスのサン・カンタン付近の台地に発して,ベルギー北西部を横切り,オランダで北海に注ぐ川。フランス語ではエスコーEscaut川。全長355km。本・支流に沿って,アントワープをはじめ,ヘント,トゥールネ,バランシエンヌ,リールなどの都市が発達。河口付近は砂州が多く,6万5000載貨重量トン以上の外航船の航行は困難である。上流の北フランス工業地帯では1350トンまでの艀(はしけ)が航行できるが,アントワープ~ペロンヌ間は600トン級に限られ,内陸水路としての価値は低い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスヘルデ[川]の言及

【ベルギー】より


【自然,地誌】
 ベルギーの地形は全体として平坦であるが,国のほぼ中央を東西に貫くサンブル=ムーズ川の流域を境に,北部のフランドルやケンペンKempenの低地と,中部の丘陵地,南部のアルデンヌ山地に分けることができる。北部は,スヘルデ川(およびその支流のレイエLeie川,デンデルDender川,ネーテNete川,リューペルRupel川)の流域で標高100m以下の低地が広がる。土質は河岸に粘土の沖積層がみられるほかは,オランダ南部から続く洪積層の砂質で,一部に砂質・粘土,砂・黄土が見られる。…

※「スヘルデ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報