コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペインの自治州

1件 の用語解説(スペインの自治州の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スペインの自治州

スペインではフランコ独裁政権下で中央集権化が進んだが、1970年代後半からの民主化により自治州の権限が拡大。計17の自治州は独自の議会と政府を持ち、中央政府から移譲された税源をもとに、特に医療や教育の分野で独自の政策を展開できる。中央政府は外交や防衛、年金をはじめとする社会保障の分野で権限を持つ。自治州のなかでもバスクナバラについては「特別財政制度」があり、州内の各県が所得税や法人税を含む大半の税を徴収する権利を持ち、州警察で治安を担う。一方、輸出産業が盛んなカタルーニャでは、経済危機に伴いバスク並みの徴税権を求める声が高まっている。

(2012-10-18 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペインの自治州の関連キーワードファランヘ党スペイン内戦ペルデュ山スペイン交響曲スペインの時スペインの自治州制度バスク地方とETAバスク祖国と自由(ETA)新中央集権カタルーニャ語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スペインの自治州の関連情報