コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペサルチン スペサルチンspessartine

1件 の用語解説(スペサルチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペサルチン
スペサルチン
spessartine

柘榴石固溶体の端成分。マンガン柘榴石マン礬柘榴石とも呼ばれ,純粋なものの化学式は Mn3Al2Si3O12 で表わせる。比重 4.190,硬度7。黒,暗赤ないし赤褐,黄橙色を示す。スペサルチン自身の産出は比較的まれで,鉄礬柘榴石やパイロープと固溶体をなす柘榴石として産出することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone