コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペサルチン スペサルチン spessartine

1件 の用語解説(スペサルチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペサルチン
スペサルチン
spessartine

柘榴石固溶体の端成分。マンガン柘榴石マン礬柘榴石とも呼ばれ,純粋なものの化学式は Mn3Al2Si3O12 で表わせる。比重 4.190,硬度7。黒,暗赤ないし赤褐,黄橙色を示す。スペサルチン自身の産出は比較的まれで,鉄礬柘榴石やパイロープと固溶体をなす柘榴石として産出することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペサルチンの関連キーワード白榴石石榴・柘榴石榴石海柘榴市端成分榴雲岩石榴石橄欖岩京都府相楽郡精華町柘榴ザクロ石(柘榴石)《柘榴石の腕輪》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone