コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペサルチン spessartine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペサルチン
spessartine

柘榴石固溶体の端成分。マンガン柘榴石マン礬柘榴石とも呼ばれ,純粋なものの化学式は Mn3Al2Si3O12 で表わせる。比重 4.190,硬度7。黒,暗赤ないし赤褐,黄橙色を示す。スペサルチン自身の産出は比較的まれで,鉄礬柘榴石やパイロープと固溶体をなす柘榴石として産出することが多い。産地の一つであるドイツ,バイエルン地方スペサルト Spessartにちなんで命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android